2018年10月16日

もう空は寒いよ

車の日・・・いや〜風次第でゴンドラも休みを決めて欲しいもんです。
朝から風はよし。

ちょっと曇ってますが、昼前からスカッと晴れそうです。
兵庫県のロールアウトパラグライダースクールさんが、獅子吼にフライトツアーにお越しになりました。
まだ曇りだけど、車だし、とりあえず1本行きますか!?

2018.10.16.r.jpg
飛べるだけでテンション上がりますね〜
そして、朝一からめっちゃソアリング出来る状況で・・・・飛び放題です。
12時には晴れてきまして、凄い良い条件になりました。

2018.10.16.tk.jpg
車は2便3便とフル回転しました。
獅子吼のメンバーは2便目からボチボチ集り始めフライト。
条件的には、村田、先端大、ダムは動けました。
富山側には良い積雲、そして良いサーマル。
これ、富山クロカンいけたヤツだな。
雲底も1500mありました。

2018.10.16.tdm.jpg
タカは一番良い条件の時にタンデム体験でフライト。
行きたい気持ちが・・・・飛んでる場所に現れてます。
テイクオフして20分で奥獅子吼で雲底でした。
タンデムの方は喜んでおられました。
ありがとうございました。

ロールアウトのメンバーの方々は1時間は当たり前、4時間飛んでいた方もいて、十分飛べてました。

2018.10.16.nisi.jpg
ちょっと遅れてきて、若干一番良いタイミング逃した西田君。
ゆっくり立ち上げて・・・・

2018.10.16.nisi2.jpg
わぁ〜
珍しいねぇ〜
出遅れてあせったか!?
それでも、十分遊べてました。

そして、みなさん散々飛んで、ゆっくりして・・・

さて、ラストのサンセットフライト、行きますか!?

2018.10.16.hirose.jpg
夕方も良い風で、夕日に向ってテイクオフ!!

2018.10.16.ri.jpg
午後半休して急いできたが、車の日なんでこの時間のフライトなってしまったリチャさん。
一番良いときに飛びたかった〜、けどしゃーない。

2018.10.16.sora.jpg
まだソアリングできてますが・・・・
動いたら下がるぅ〜

2018.10.16.yuu.jpg
おがわもフライト。
あらどうしたの?大倉は?
大倉岳に講習生が来なかったし、連絡も取れなかったんで、帰ってきたよ。
しかし、獅子吼についた同時ぐらいに、今ついたんですけどって連絡あって・・・
「もう今日はなし!!」となりました。大倉岳良い風だったのに〜

2018.10.16.ugoitara.jpg
16時半に皆さんランディング。
耐え切れず・・・・地面に・・・・夕日が沈むまでは耐えれませんでした。

posted by 校長 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

良い日になりました

朝はドン曇でしたが、予報を見ると、昼からスカッと晴れてきそうです。
風は朝から穏やかな北西の風。
練習したい方は1本目は課題練習で、2本目からソアリングスタートな感じでした。

今日は、昼前にかけてフライヤーさんが集り始めましたね。
晴れを狙って!!来られてのフライト。
その狙いは当たりでしたよ。

2018.10.15.sora1.jpg
2018.10.15.sora2.jpg

みなさんバンバン飛びました。
南を中心に移動して飛んでいました。
ソアリングしては、1000mは当たり前で最高が1500mまで上昇。

2018.10.15.LYNKS.jpg
その1500m上昇して余裕のダムアウト&リターンしたのは、西村さん。
今日から、NEWグライダーリンクスデビューです。早速好調なようです。

2018.10.15.punk.jpg
デビューはもう1機、BGDのPUNK。

2018.10.15.hirata1.jpg
更にハーネスデビューの平田さん。
GTOライトで、初ポッドハーネス。

2018.10.15.hirata2.jpg
予定通り足が入らず・・・・もぞもぞもぞ・・・・これは練習が必要ですねぇ

2018.10.15.hirata3.jpg
足が入れば、シャキーーーン!
慣れが必要ですが、今日は良い感じだたっということで良かったです。

2018.10.15.BL.jpg
この、ブラックライトが獅子吼の空に帰ってきました。
モトキさん復活です。
復活フライトで、いきなり2時間?程飛んでました。
おかえりなさい。


それにしても今日は秋らしい心地よい空でした。

2018.10.15.kita.jpg
北西側は澄み切った青空。

2018.10.15.minami.jpg
南西側は時より積雲ができ、わくわくさせてくれる空。

多くのフライヤーさんがたっぷり飛べた感じだった。


そして、15時・・・・1人のお客様が来られまして、「今から体験出来ますか?」
タカ「もちろん大丈夫ですよ。何名様ですか?」
お客様「多分6人?ぐらいかな」
その人数の飛び込み体験がくるとは予測しなかったぁ〜。
この平日の夕方に飛び込みで6名様の体験をすんなり受けいれるわけが無い・・・
ってこと、ないよね〜
「大丈夫でーす。できまーす」

2018.10.15.tdm.jpg
夕日を眺めながら飛んでいただきました。
ありがとうございました。

明日は、火曜日でゴンドラお休みですが、車で入山する予定です。
そんな火曜日にロールアウトパラグライダースクールさんがツアーで来てくれます。
インストラクターも4名きます。
みなさんも車の日やけど一緒に飛びましょうよ。
車は2台で山手線常態で回す予定です。

大倉岳講習も行います。
こちらは車の都合で現地集合のみ参加OKです。
大倉岳11:00集合です。
posted by 校長 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月14日

雲中へ

タカ、朝起きて外の天気の異変に気付く!!
昨日の予報では、今日は朝に気圧の谷の影響でドン曇りなはず・・・ん?
何だったら雨降ってるかも知れないのに。

昨日のツアー疲れで、明日は厳しそうだからゆっくりだと思ってたんだが、この空は何か違う!!
急いで獅子吼に行き、まずはデーター確認!
あーーーー雨雲さんめっちゃ北に移動してる。
天気図かわってるじゃん。
天気予報もこの変化に対応しきれてないからどこも北東の風予報。

周りの風みると、西風入ってきそうな感じがあるね。
ということで、飛べちゃうかもよ〜メール送信。

フライヤーの皆さん完全に飛べないと油断してたんで、集まりが遅い。
でも、続々と来られました。

2018.10.14.1.jpg
フライト開始!!
昨日、ツアーで散々飛んだメンバーは、今日、飛べちゃうのね〜体が痛い。
飛べると思ってなかったから・・・なんか辛いけどきたよ。

条件的には上空に寒気が入り、風もぶつかり、良い感じで、雲の発達が速く、サーマルも強めな感じで、良い条件。

2018.10.14.sora.jpg
パイロットチームは雲の発達に注意しながら、尚且つ雲底ちかくの上昇も使い移動して遊んでました。
まあ見てて安心。

しかし、NP〜B級生は、雲のど真ん中で上げるだけ上げようと・・・

「ある程度上げたら雲の端で、逃げる方法を確保しながら飛んでよー。」
ずーーーーーっと言ってたんにね〜

2018.10.14.ayaka.jpg
この方、北の風吹峠上空で、真っ黒の雲に・・・すっぽり。
しかも上空は北東の風で、逃げるべき方向にはもっと黒い雲。
さすがにウラに逃げる選択肢は無いので・・・・・
「あやか〜西方向に向けて、翼端降りMAX、アクセルMAXで西の黒い中、雲の中を突っ切って出てくるしかない!」
その無線機入れた瞬間、雲の中へ消えていきました。
まあ、あとタカの出来ることは、「ひるむな〜翼端降り手繰ってこーい。がんばれ〜」
応援のみ。
2分は白い闇を飛んだかな〜南西方向を向いてひょっこりはん。

だからもおぅ〜
本人談「白くなってやばいと思って、翼端降り、アクセルしたけどバリオは鳴り続けて・・・上昇。なんもわからんぐらい白くて、まだバリオが鳴ってて・・・ヤバイヤツ!!更に翼端折りを手繰って引いて、MAXで、バリオが鳴らなくなった、でも沈下音はならない。グライダーは頭上で大暴れしてた。ちょっと後ろとか見たけど、白いというか黒かった(笑)」
でも大してビビった様子無く話ししてたし、その後1時間ほど飛んでた。
強者や。

2018.10.14.ld.jpg
昼過ぎにはコンディションが危なっかしいので、終了〜
そして、フォローが入り・・・・終わりかと思ったら、夕方にちょっとだけまた飛べそうになったんでNPのみがフライトしました。

2018.10.14.tdm.jpg
タンデムのお客様にも飛んでいただけました。
ありがとうございます。

今日はよく飛べたほうです。
posted by 校長 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

白馬五竜フライトツアー

獅子吼がドフォローで、白馬が最高!!ってありそうで、なかなかない。
タイミングとれなかったが、今日はいけました。
獅子吼は10m/sほどのフォローが吹き荒れていたので気兼ねなく移動です。
5時半に白山インターを出発。
8時半には五竜に到着。

さあ、受付だ!!ってところで、さっき寄ったコンビ二に財布を忘れてきてしまったと気付くY田さん。
あわてて、タカとリターン。
まあ、すぐそこのコンビ二でよかった。

10時にテイクオフに到着。
とりあえず1本飛ぶ組と、条件をしっかり待つ組みで分かれました。
しかし、とりあえず1本組み、1本目からめっちゃソアリング状態で簡単にトップアウト。

しかし、2本目に勝負をかけていたので、NP小松さんとNP大谷さん以外は40分ほど飛んで1回ランディング。
そして、2人以外は11時半テイクオフに集りタイミングを見ます。
周期があって・・・・良い周期、雲底が上がったときに行きたい。
しかし、小松さんと大谷さんは朝からずっとねばってました。

2018.10.13.a.jpg
2018.10.13.b.jpg
12時前、みなさん晴れ間のタイミングで続々とテイクオフ。
アクシデント発生!!Y田さん、ブレークラインがプーリーと結び目が出来てしまって、ブレーク引けませ〜ん
あーあー。
まあ、ライン引きながら降りてくださ〜い。
完全に厄日ですな。

その後みなさんはソアリングする・・・タカもテイクオフ!
「タカテイクオフしました!!」って言って飛んだんだけど・・・・そして上げてるんだけど、誰もよってこない。よってきたのは木谷さんだけ。
おかしいなぁ〜
聞けば、「タカさんがどのグライダーでどの色かわかりませんでした!!」
チリ4:XS:ぺトロールの試乗機だった。

2018.10.13.c.jpg
木谷さんを連れて、前山に渡り、良いサーマルでソアリング。

2018.10.13.kitani.jpg
青木湖手前で追いついてきた木谷さん

2018.10.13.aoki.jpg
そのまま、青木湖の端まで行きまして、2人でリターン。
ZENO大橋さんは既に一歩先に動いてたようです。

帰りはグランド側を通り、リターン。
今日は山側よりもグランド側のサーマルがよく雲底も高かった。

2018.10.13.ri.jpg
山側は1800m程の雲底だったが、グランド側は2000mでした。
サーマルも豊富で、北側や更に東側にも移動でき・・・・

201810.13.nagano.jpg
長野市内がすぐそこに見え・・・クロカンで長野や志賀高原側へいけてしまいそうな勢いでしたね〜
勢いだけね、実際行くと沈むかも知れないけど。

そして、五竜の山側も珍しく午後でも上昇する感じで、ランディングしたあと、皆さんもう1本飛んでまたソアリング。
時間もたっぷり、旋回もたっぷり。
広い空を考えて移動して飛ぶ難しさをNPの方々にはわかってもらえたようです。
自由にどうぞは難しいよね。
コースは、雲、太陽、地形、風から導きださないとね。

2018.10.13.LD.jpg
そして、ランディング〜。
充実した白馬五竜でしたね。参加者の皆さんありがとうございました。

2018.10.13.mina.jpg
次回はいつになることやら。
それにしても、タカが飛んでても、肥田さんが懸命に誘導入れてくれるので、楽でした。
師匠よありがとう!!もっとしてくれて良いからね。
posted by 校長 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月12日

下見

来週末にスカイ朝霧チームが獅子吼へツアーに来る予定でして、そのツアーの下見に、インストラクター2人が下見に来ていました。

2018.10.12.sakia.jpg
酒井さん獅子吼で飛んでる姿見るの久しぶりだわ〜
昔サラリーマンしていた時は、転勤でこちらにいて獅子吼で飛んでたんですよ〜

2018.10.12.yama.jpg
山崎さんこと山ちゃん。
タカと数少ない同じ年代のインストラクター
ちなみに、お隣に今日ビジターで来ていた今井浜PGSのインストラクター西野さんも俺と同じ年代。
1歳年上だったかな

今日は、北〜北東の風予報で午前中は弱かったので、何とか飛べました。
昼過ぎからしっかり北東の風となりました。
よくもったもんですわ。

明日はツアーで移動の為、スクールは閉店しています。
posted by 校長 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月09日

車の日は慎重になる

車の日の火曜日。
昨日までの予報だとしっかり北西の風で晴れる感じだったんですが、今朝見ると雲が多くなってしまい、尚且つ上空は北東の風が入りそう。
テイクオレベルは朝のうちは風は弱くて西風入るかも・・・・
かもで、朝だけ・・・・車の日では思わず慎重になりました。

やめとこ〜

そう決めたすぐに、竹原さん来られ・・・ハイクで行かれると。
いってらっしゃい。

2018.10.09.1.jpg
急がないと、雲は前のほうに出来てるので、北東の風になってしまうかも〜
でもテイクオフの上の雲は大丈夫っぽい!!

2018.10.09.2.jpg
間に合いました。
しかし、上空北東の風ってことをイメージしてソアリングできなかったので、ぶっ飛んでしまいました。
貴重な1本。情報収集が大事ですね。
その後、風は昼過ぎまで北西の風っぽかったですね。

明日は下り坂傾向ですが、どれだけ持つかな?
posted by 校長 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

大入り

久しぶりにまともに飛べそうな、お休みの日。
しかし、予報が意外と北東の風となってしまって、北西の風になりそうなのは11時過ぎ・・・いやそれでも、北東の風でも止まったタイミング見て飛べば、飛べる。

皆さんテイクオフに上がり、待機です。

2018.10.08.1.jpg
2018.10.08.2.jpg
2018.10.08.3.jpg
で・・・11時頃からタイミング見て皆さんフライト開始。
当然上空は北東の風なんで、荒れ気味。
それを我慢して、あげきって・・・南へ行けば穏やかな感じ。
テイクオフ前は酷いもんでした。
しかし、昼をちょっとすぎると、あっちもこっちも北西の風となり安心して飛べる楽しい条件になりました


2018.10.08.mina.jpg
空は良い感じで盛り上がってます〜
それもそのはず、ゴンドラパス35枚が売り切れました〜
久しぶりですわ。
そして、当校のエリア会員登録者の入山人数は45名様でした。

条件もよく雲底1200mまで気持ちよく上昇しましたね。

2018.10.08.tdm1.jpg
タンデムのお客様も楽しく飛んでいただけました。

今日は、元校長肥田さんがタンデムフライトを手伝ってくれたんですが、相変わらず・・・(笑)
14時のタンデムは肥田さんのお子さんの同級生おふたりだったんで、肥田さんがやる気でして・・・
もちろん予想はしてましたよ。多分こうなるなぁ〜って

「タカ、先に入山して説明したら、先に飛んで待ってる」って肥田さん。
でもね、先に飛んで、1200mまで上げて雲底つけてたら、次のお客さんも同じように飛ばなきゃじゃん〜。
そして、タカが2人目のお客さんとフライト。
B級生がテイクオフでお待ちなんですが、今から雲低まで行かなきゃなんだよなぁ〜。
あーどうしよう。
そうだ!!!!!

「肥田さん、先に飛んだんなら先に降りて、B級生の誘導をお願いしま〜す。」
これで問題解決!!

2018.10.08.tdam2.jpg
2018.10.08.sora.jpg
雲底までつけて、奥獅子吼まで散歩。
肥田さんと同じだけ飛んでやったぜ。

本日のデビューその1
2018.0.08.vita2.jpg
NP平野さんがグライダーを新しくしましたよ。
AIRDESIGN VITA2 デビューです。

本日のデビューその2
パイロット西村さんが、グライダーを新しくしました。
BGD Lynxです。
でも今日は飛ばず立上げだけでした。
2018.10.08.nishimura.jpg
だって、ハーネスを家に忘れてきたんだもんね〜
初フライトは次回もちこし。

2018.10.08.yuu.jpg
そして、今日夕方までずっとソアリングが出来てまして、日本海に太陽が沈む姿を見ながらソアリングできました。
秋ですね〜。

2018.10.08.yuhi.jpg
そして、太陽が沈むまで、綾香は飛んでました。
最後、暗くなってきてランディングして終了。
まだ飛べたって、暗くなりすぎですよ。

この3連休の2日間、肥田さんと久しぶりに一緒にスクーリングは楽しかったです。
古いメンバーも肥田さんといろいろ話してるのを見てると嬉しく思うタカ。
まあ、いろいろ思い出しますねぇ〜。
でも、たまにだから楽しいんですよ(毒)

今日もみなさんありがとうございました〜


大倉岳講習編

今日は、弱め時々吹くといった感じでした。
2018.10.08.motoki.jpg
モトキさん復活のグラハン練習です。
これを機にリバースをマスターしてくださいね。フロント専門じゃねぇ〜

2018.10.08kuwa.jpg
獅子吼を10本ほど飛んだクワモトさん大倉岳に・・・飛び始めてわかる、大倉岳のグライダーコントロールの重要さ。
よい心がけですよ〜


一日体験のお客様も来られました。

2018.10.08.taiken1.jpg
午前中しっかり練習して・・・

2018.10.08.tonda.jpg
午後からは中段から2本フライト。
おめでとうございます。

本日のデビューその3
20代前半の若者ササキ君。
2018.10.08.sasaki.jpg
グライダー&ハーネスのフルセット新品でデビュー。
今年中に山飛ぶぞ〜。
若いから何とかなる!!信じてるよ〜

2018.10.08.kitajima.jpg
北島さんも今日は大倉。

大倉は大倉で非常に良い練習ができました。
posted by 校長 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記