2017年10月21日

行くしかないでしょう

曇り予報
どう見ても今にも雨が降り出しそう。

しかし、大倉岳に恵まれない風が吹いてたここ2週。
今日は風は問題ない。無風〜アゲンストのはず。
雨のリスクを背負ってかけにでました。

2017.10.21.okura.jpg
北川さんと体験の方の半日残し。
体験の方は、入校していただくことになりました。
残り少ないシーズンですけど、出るだけのことやっていきましょう!!
北川さんは黙々とショートフライトしておりました。
そして、昼過ぎに土砂降りとなり終了!!

明日は、タカ不在です。
小川はスクールにいてます。

月曜日は台風のためスクールお休みです。
posted by 校長 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月20日

やっとですよ

毎日、毎日・・・天気か風が悪い(涙)
今日は、何とか飛べそうだ。

朝早くは雲海のようになっていた獅子吼ですが、ゴンドラが運行開始する時間には雲が上がってしまって、普通に雲が低いテイクオフとなってしまいました。
11時頃に雲底があがり、飛べるようになりました。

2017.10.20.1.jpg
B級生の任田さんには最高の条件。
課題練習を始めました。
任田さんは夕方までに4本飛べましたよ。
良い日でしたね。

西田クンも昼から来て3本ローリングの練習。
イマイチ納得がいかない。
ということで、地上からビデオを撮ってみました。
客観的に見ることで言われてることがわかったようですが、それをどう改善すればよいかがわからない。

2017.10.20.taka.png
タカは上空での操作をEN-AとEN-Cのグライダーで撮影。
タカさんの上空での操作がどんなのかが知りたい、といわれるんで・・・・
こんなのですぅ〜
ピッチング、ローリング、ハイバンク、やってます。
見たい方はスクールでどうぞ。

西田クンはこのビデオを見て自分との決定的違いがあることがわかったようです。

2017.10.20.2.jpg
竹松さんとエリもフライト。
エリは自主トレで練習してました。

エリと話していて、感じたことがあります。
多くのNPやPの方が思っていることだと思うのですが。

「どうやったらさらにグライダー操作が上手くなるか、上空での具体的練習方法とその答えはないのですか?」

ある程度メカニズムを理解して出来るようになったら、あとは自分のカラダに感じる感触を磨くしかない。
目で見てわかる情報、聞こえてくる音、肌に当たる風の違いなども感じて、それに対してコントロールするしかないんだよね。
基本の動きは理解してるんだからね。
フィーリングってヤツ。

「それじゃあ、答えにならん。」って、村井さんにも言われたことを思い出す。

そういわれると・・・・パラグライダーはピッチ操作がほとんどだからなぁ。
操作はピッチ角を理想の角度で維持するための操作をするしかないんだ。
より細かいピッチを感じ、対応出来るように練習する。

ということで「答え」とするならば、グラハンが一番だね。そうなるね。
獅子吼シーズン終わりまであと1ヶ月ちょい。
練習出来る日を大事にしていきたいね。
posted by 校長 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月14日

安定

朝から穏やかな西風。
空はやや曇り空。

2017.10.14.sorasora.jpg
たまに射す薄日が・・・少しソアリングの期待をするが、渋め。
しかし、11時頃は良い感じでソアリングが出来始め、パイロットを中心にしっかりソアリングして雲低まで。
雲底と言っても850mぐらいでしたけど。

2017.10.14.BNP.jpg
B級講習生&NP講習生の方は課題練習とソアリング。
北川さんは8本フライト。
あの課題が上手くいかなくて・・・8本。
 
まぁ、みなさんいろんな課題の完成度が低くて、タカに色々言われたもんですよ。
もちろん今では上手なパイロットもね。
タカは、完成度のクオリティーは基本下げないようにしてるからね〜。
みなさんそれぞれ得意不得意ってもんがある。
そこを克服して初めてステップアップするんですよね。
しかし、具体的な答えがないのがパラグライダーの難しいところ。
このタイミングで、ブレークを何センチ、何秒間で引いて・・・・ってのはないですよね。
感覚。
車のハンドル切るのと一緒ですよ。

ちなみに、タンデムフライトのときのフルブレークのタイミングを掴むってそう簡単ではない。
ただ引くだけなのに・・・その引き方と引くタイミング時のピッチ方向などなど。
タンデムライセンスを取得しても、なお悩む方は多い。

良いじゃん、フルブレークかけてドカーンと降りても怪我しなきゃ。
そうじゃないよね〜。
それで、完成とは言いたくないよね。
見かけより難しいんですよ。

ということで、「課題練習はなんとなく出来てるから良いじゃん!!」
ってことは課題として意味がない。
完成度は下げないんだよ〜
課題練習が出来たとしても、その後実践的には更に高いクオリティーでコントロールしてないと更なるステップはないんですよね。

ということで、苦手な課題練習は完成度高く出来るまで頑張ってください。


2017.10.14.P.jpg
パイロットチームも皆さんのんびりフライト。
アシストコースのパイロットは課題練習に取り組んでおりました。
パイロットになるとグライダーを動かすことが苦手になる方が多い。
しかし、パラグライダー危ないときは動いてますからね。
それを、感じて対応しなきゃね。
動かすことを楽しめるようになって欲しいものです。


2017.10.14.hare.jpg
晴れたタイミングもありましたよ。

2017.10.14.tosiaki.jpg
そして、この穏やかな条件でトシアキさんNP実技検定。
2本目納得の合格!!
おめでとうございます。
夫婦共にNPになりましたね。


2017.10.14.ronada.jpg
夕方、ロンダさんの初フライト!!
でしたが、無風〜フォローになってしまい次回持越しです。

posted by 校長 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

これこそ技術ですね

2017.10.13.kato.jpg
先日、ロールアウトの加藤さんが来られたときに写真を撮っていただきました。
撮っていただいて改めて加藤さんの写真技術の凄さを実感。
これは凄いですよ。

うちらも、一眼レフ持って色々撮ってましたがなかなか、太陽、青空、パラグライダーの構図は上手いこと撮れないんですよね。
しかも動いてますから、良い瞬間はあっという間。
それを逃さないって・・・技術だ〜
ステキな写真をありがとうございます。


先日ツリーラン回収に行ったわけですが・・・行くたびに思う。
もっと便利な道具はないのだろうか・・・
ロープワークの技術があれば、ロープを巧みに使いいろんなことを生み出せるのだろうだけどね。
まあ、そこを極めて行こうって気分は今のところないっす。

回収の問題は枝のある部分まで登るときのアクセスなんですね。
そこに時間がとられなければもっと早い回収が可能。
しかし、年に1回あるかないかの作業にどれだけお金をかけて準備できるかだね。
そして道具って意外と高価なんだよね。
スクールには、アルミ1本はしごが10mまであるのでたいがいは大丈夫。
このはしごだって、10万円以上するんだよね。

1本はしごを木に固定するときにロープを使い結んでたけど・・・上に上がると手が使いにくく結べない。
ただでさえ結ぶの苦手なんに。

2017.10.13.belt.jpg
あーーこれで良いんじゃね〜
ということで、これで10分は短縮出来るな(笑)どんだけロープ結べんね〜って。

あと、今年は枝のあるところまで、10m以上あるときのパターンの装備をそろえようかと検討中。
はしごを担いでくれる方がいなかったりしても使えるしね。
足爪つけて、ガシガシ登っていくヤツは大変だし怖いんで無しですわ。

ということで、自分でツリーランセット持っていない方は持ってくださいね。
上からロープが下がってるってだけでだいぶ違いますから。
posted by 校長 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月11日

レスキューパラ出ました。

朝は非常に穏やかな南西の風。
微風でしたわ。

2017.10.11.hike.jpg
タカは今日もハイク&フライ。
この調子の風なら昼過ぎまでもちそうな雰囲気がありましたね。
おっと。ここではレスキューパラ出てませんよ〜(笑)

10時のゴンドラ運行と同時に皆さん入山。
風は少しアップし始めて、南西の風〜西の風4m/s程でした。

2017.10.11.sora.jpg
2017.10.11.sora2.jpg
タイミング見て、B級生の村上さんが飛べたタイミングもありました。
しかし、西風に見えて飛ぶと南西の風を感じる。
エブリデーは「南西の風の強めは気をつけなぁ〜」と声を掛け合い、エリにも言ってました。

ちょっと、ドキドキしすぎて飛んだ方はリッジ範囲を出てしまい。
すぐに降りてしまった。
そこまでじゃないっすよ。
もうちょい大丈夫ですよ〜

2017.10.11.joukuu.jpg
そして、少し上空も西よりの風が混じり始め西南西ぐらいの風になり皆さん上昇し始めました。

南側方面へ向けて移動開始。
安定したリッジ、しかし時より南西の風の嫌な感じのブローが・・・・
まぁでも曇ってるんでまだマシですわ。
1時間?2時間ぐらい飛んでましたかな?
皆さんそれなりに楽しんでおりました。
そして、徐々に上空の風がアップ。
あーそろそろ終わりかなぁ〜

12時となり、風が強くなりそうなんで、急いでタンデム体験のお客様と、タカ&おがわはスクールをはなれて、テイクオフへ。
ゴンドラに乗ったその時でした・・・

西田クン「あーーエリさんがーーーー」
高見さん「エリチャン〜レスキューーーーーーー」

つぶれからのスパイラルで豪快に回り、レスキューパラシュート開傘で山沈。。。
エリは、EN-Dクラス乗って2本目。
上級機だからね〜
3時間半で無事回収終了!!


今回の回収ですごく役に立ったのがスマホのコミュニケーションによく使われる無料アプリのLINE。
トークで位置情報を送信するやり方ですが、結構正確に場所が表示されて、現地に行くのがスムーズでした。
LINE以外でもグーグルマップなどでの位置情報の共有などいろいろなやり方がありますので、気になる方は調べてみてね。
山沈に備えてハーネスの横ポケットなど、取り出しやすいところにスマホを入れておくことをおススメします。(服のポケットはダメよ。落とさないように工夫してくださいね。)


タンデム体験のお客様
風が強くなる前に飛べて良かったです。
2017.10.11.tdm.jpg
ありがとうございました。
posted by 校長 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月10日

今日も飛べました

秋って・・・2日連続で飛べれば、「おっ!?飛べてるなぁ〜」って感じるのに、今年の秋はやっぱ飛べてる。
その理由として、南風成分が入ってることが起因してますね。
北東の風の日がほんと少な目です。

2017.10.10.taka.jpg
今日も、タカは朝にハイクして入山すると・・・しっかり南西の風。
少しだけ北高圧付近で遊べたけど、ほんの少しでした。

2017.10.10.tdm1.jpg
10時15分にタンデムのお客様と一緒に数名のフライヤーと入山。
その頃にはテイクオフはしっかりと西風。
飛ぶと、まだ南西の風でしたが、飛んでいるうちに徐々に西風になりました。

2017.10.10.sora.jpg
昼に2便目もすぐに入山、3便目も14時にあがりました。
皆さん、続々とフライト

2017.10.10.sora2.jpg
車で入山なので、皆さん飛びに粘りがありましたね。
そして、昼から少し西風アップ。

2017.10.10.kita.jpg
風が上がっても良い条件で、移動が簡単に出来るようになり、北は村田製作所、南はダムまで、縦横無尽に飛びまくりです。

2017.10.10.kita2.jpg
タカもお昼に皆さんとい一緒にフライト。
北でロールアウトの加藤さん見つけました。

2017.10.10.,zeno.jpg
ロールアウトパラグライダースクールお休みで、先生は獅子吼で飛んでおられてました。

夕方は、非常に穏やかなリッジ&アーベント状態になりまして、3便目にあがった方々ものんびりたっぷり飛んでいました。
B級の竹原さんは、初めて北高圧まで移動して、金沢市内を見れました。
そして、リッジソアリングってものを経験できました。
今日の1本は物凄いスキルアップにつながるフライトだったかと思います。

明日も今日と同じか?強いか?さーわからんね。
明日の朝の予報次第です。
posted by 校長 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

2機デビュー

朝から良い天気。
風の予報も良い感じ。
朝から多くのフライヤーがあつまりました。

2017.10.09.d3.jpg
悩み悩んだ石田クンが決めたグライダーはこれ!!
デルタ3
本日デビュー!!
安定性と安心感がたまらないとな。

2017.10.09.gravis.jpg
NPになった岡崎クン。
本日ニューグライダーデビュー。
青のグラビスです。
赤井さんと間違えないでくださいね〜

2017.10.09.seito.jpg
2017.10.09.seito2.jpg
朝から多くのB級生&NP講習生の方がこられバリバリ飛んでました。

2017.10.09.P.jpg
パイロットの皆さんも沢山来られフライト。
北へ南へ西へ・・・・移動しまくりでしたね。

2017.10.09.sora.jpg
上空はにぎやかな空でした。

良い風は夕方17時頃まで続き・・・・条件が擦り切れるまでフライト。
ほんとかすかすになるまで飛んでたNPのお二人さん

2017.10.09.yoneda.jpg
米田さん4時間50分のフライトタイム

2017.10.09.nojima.jpg
野島さんはそれを上回る5時間30分のフライトタイム
空でそんなに長いこと何考えてたんですかね〜
パイロットたちの飛びを盗み見してたのかな!?
しかし、これだけ飛べば上手くなるってもんでしょうね。

朝から夕方まで飛べました。
そして、条件にも支えられ多くの方がタンデム体験に参加してくれました。
千田さんがニュージーに帰ってしまったんで今日は急遽、前校長森山さんを投入してタンデム体験を実施。
2017.10.09.tdm1.jpg
2017.10.09.tdm2.jpg
2017.10.09.tdm3.jpg 
19名の方に飛んでいただきました。
ありがとうございました。

さて、明日は車で入山いたします。
お待ちしております。


posted by 校長 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記