2017年10月20日

やっとですよ

毎日、毎日・・・天気か風が悪い(涙)
今日は、何とか飛べそうだ。

朝早くは雲海のようになっていた獅子吼ですが、ゴンドラが運行開始する時間には雲が上がってしまって、普通に雲が低いテイクオフとなってしまいました。
11時頃に雲底があがり、飛べるようになりました。

2017.10.20.1.jpg
B級生の任田さんには最高の条件。
課題練習を始めました。
任田さんは夕方までに4本飛べましたよ。
良い日でしたね。

西田クンも昼から来て3本ローリングの練習。
イマイチ納得がいかない。
ということで、地上からビデオを撮ってみました。
客観的に見ることで言われてることがわかったようですが、それをどう改善すればよいかがわからない。

2017.10.20.taka.png
タカは上空での操作をEN-AとEN-Cのグライダーで撮影。
タカさんの上空での操作がどんなのかが知りたい、といわれるんで・・・・
こんなのですぅ〜
ピッチング、ローリング、ハイバンク、やってます。
見たい方はスクールでどうぞ。

西田クンはこのビデオを見て自分との決定的違いがあることがわかったようです。

2017.10.20.2.jpg
竹松さんとエリもフライト。
エリは自主トレで練習してました。

エリと話していて、感じたことがあります。
多くのNPやPの方が思っていることだと思うのですが。

「どうやったらさらにグライダー操作が上手くなるか、上空での具体的練習方法とその答えはないのですか?」

ある程度メカニズムを理解して出来るようになったら、あとは自分のカラダに感じる感触を磨くしかない。
目で見てわかる情報、聞こえてくる音、肌に当たる風の違いなども感じて、それに対してコントロールするしかないんだよね。
基本の動きは理解してるんだからね。
フィーリングってヤツ。

「それじゃあ、答えにならん。」って、村井さんにも言われたことを思い出す。

そういわれると・・・・パラグライダーはピッチ操作がほとんどだからなぁ。
操作はピッチ角を理想の角度で維持するための操作をするしかないんだ。
より細かいピッチを感じ、対応出来るように練習する。

ということで「答え」とするならば、グラハンが一番だね。そうなるね。
獅子吼シーズン終わりまであと1ヶ月ちょい。
練習出来る日を大事にしていきたいね。
posted by 校長 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記