2018年09月19日

九州フライトツアー

前夜祭

九州行くのは陸路で900kmこれは車ではしんどい、飛行機は時間的なものが制約されるし、ちょっと高すぎる。
そんなことから、金沢駅から特急と新幹線を乗り継いで福岡県入りすることにしました。
これなら、行きも帰りもどのタイミングで電車乗っても予約いらないからね。

しかし、電車ではグライダーの荷物はつらいし、現地での車は必要。
ということで、スクール号は事前に参加者の荷物を載せて、九州まで運ぶことにしました。

スクール号は1日早く九州に向けて出発!!
900kmをゆっくりクルージング。
今回、ハイエースに強力なアイテムを装着したんです。
オートクルーズです。
これで、ハンドルもってるだけで、定速で進み放題。
実際、移動の疲れは半分程度でした。

夜福岡県、宗像市に到着!!

2018.09.14ika.jpg
ここで、いけすのある店で、イカの定食をいただきました。

2018.09.14.ika2.jpg
生きたイカをそのまま料理。
お皿に盛られたイカはまだ動いている。
頭とゲソは刺身ではなくてんぷらに、あとイカ団子、土瓶蒸し、など
あーすげーうまいイカでした。
これは、今まで食べたことないうまさでしたね。

あーなんかこれで完結してしまいそう〜(笑)

そして、この日は無料キャンプ場で泊まる気満々だったんですが、残念ながら雨なんで、ビジネスホテルにしました。
平日は安いね〜


ツアー初日  9月15日(土)

金沢5時半の始発にのって、参加者は出発!!
金沢だけでなく、大阪出発、京都出発、東京出発でそれぞれ朝に出発。

久留米駅に11時半集合に余裕で間に合いました。

タカ&おがわは宗像から車で久留米駅へ。

2018.ssyoniti.jpg
ここで合流。
今回は、総勢9名です。
早速、エリアに移動したいところですが、昨日まで最高に良い予報だったんですが、今朝になってちょっと変わった。
弱い前線ができてしまい、それが熊本しないから大分にへうっすらつながっている。
前線はよわいので、前線の周りは晴れてるんですが、前線の南側はちょっと南西の風強め。
前線の北側は風も天気も良いが、今日の宿泊場所と現在地を考慮すると、今から福岡の北側まで行くこてはしない。

ということで、16時頃に雨雲が過ぎる予報を信じて、大観峰へ行くことへ。


2018.08.19.meron.jpg
急いで、大観峰行っても仕方ないから、途中道の駅メロンドームにたちよりランチ&面白いものを見つけてあーでもないこーでもない。
そして、15時半大観峰に到着。

2018.09.19.daiaknnbou.jpg
はい!!真っ白!!

2018.daikanbou.jpg
そして、待つこと2時間。改善の兆しがないのであきらめることに。

2018.akirame.jpg
車に乗って、大観峰の下まで来たとき、大観峰が少し晴れ始めたが・・・・日没もすぐなんで、まあそれを考慮して今日は撤収。
帰りに温泉に入り、旅館へ。

今日のお泊りは安宿です。
畳に布団引いて・・・・若干せんべい布団な感じでね。
夕食は近くの居酒屋で軽く済ませて終了。
さあ、明日は予報もよさそうですので張り切っていきましょう!!


ツアー2日目 9月16日(日)

朝食をとり民宿を7時半に出発、いざ天草へ!!

2018.09.16.1.jpg
ここから、1時間ちょっとです。

2018.09.16.ld.jpg
9時に天草の倉岳エリアのランディングに到着。

説明して、集合場所の駐車場へ。
この駐車場で、地元のリック(2017年X−ALPS出場)&リアン(リックの奥様)と合流。
さっそく、車でテイクオフへ。
テイクオフまで車で15分。

2018.09.19.miti.jpg
車を降りて5分歩きます。

2018.amakusa.jpg
道を抜けたらどーん!!良い景色ですね〜

テイクオフ&ランディングの高低差は450m
ランディングの海抜は5m周り海だからね。だから1500m上がったらほぼ高低差1500mとなる。
今日は、朝の時点雲底が低めなんで、上がっても1000mちょっとかなぁ〜と

2018.09.16.syuugiu.jpg
テイクオフで、集合写真。


そいて、テイクオフでリックがいろいろレクチャーしてくれました。

2018.09.19.junbi.jpg
テイクオフは無風。
まあ、まだ日差しが強くないかんじなんで、渋そうだけど・・・・
準備開始してとりあえずの1本です!!

2018.08.19.yukimi.jpg
ユキミさんが先頭切ってテイクオフ!!
弱いサーマルにあたりまわすが、ゆっくりと下がったり、粘ったり。
ぶっ飛びと割り切って飛んだわりにはサーマルがチョイチョイ
そのあと、米田さん、北川さん、中野さん、高橋さんがテイクオフして、ランディングや地形をチェックするフライト。

木谷さん金澤君はサーマルブレークするまで待ち。
それぞれの判断となった。

そして、12時前にリック&リアンがテイクオフ。
テイクオフはもちろんまだ無風。
しかし、前のほうでサーマルHITしてトップアウトし始めたよ。
それを見て木谷さんテイクオフ!!
サーマルの周期が短く、上げて移動したらなくなっちゃう。

木谷さんとリアンはランディング。
さすがリックは低いとこで粘り、再び上昇。

木谷さんはこれで終わり〜。みんなが飛び終わるまで下で待機となる予定だったんですが、リアンが車で送ってくれました。
優しい〜木谷さん良かったね〜これで終わらなくて。
木谷さんが降りたとすぐあとぐらいに、なんだか日差しが広がり始め・・・・行けそうな気がする〜


タカが準備を開始。


既に準備が終わっていた、ユキミさんがまたしても先頭切ってテイクオフ。

2018.09.16.yuki.jpg
そして、西側へ回り込みサクッと上昇開始!!あーもうサーマルバンバンですわ。

2018.09.19.itagawa.jpg
続いて北川さんテイクオフ(試乗機ナイト)

2018.09.19.kumeo.jpg
タカも急いでテイクオフ。

2018.09.16.one.jpg
追いかけるように米田さんもテイクオフ。
簡単に+3m/sほどのサーマルでぐいぐい上昇。
そして、上昇して感じた「テイクオフの前の風が悪くなる」
タカ「みんな急げ〜テイクオフの風が良くなり始めたら、厳しくなるぞ〜下手すると横風からフォローんひなるぞ〜」

この倉岳エリアは、風の死んでる状態の中で飛びからいい条件になる。
南斜面なんだけど、南風の日は少し渋めで、上空がサイドやフォローが入ってると良い条件になる。
しかし、その上空の風がアップするとテイクオフに風が巻き込むように入り込み飛んだらかなりテクニカルになる。
無風で飛んでサーマルHITさせるのが基本だ。

そして、テイクオフに残されたメンバー急ぐ感じも少し薄く、順次テイクオフ。
テイクオフ前でのたうち回りながらちょっとづつしか上がらない。
ようやく、中野さん、金澤君が上昇してきた。

2018.09.19.takahasi.jpg
そして、高橋さん・・・・・・サーマル捕まえれず、見事なぶっ飛び。
そのあとでた、木谷さん、おがわはちょっとずつ上昇して、皆さん倉岳山頂トップアウト。

2018.09.19.untei.jpg
サーマルはまあまあ強めで小さい。
多分NPチームには刺激的なサーマルかもしれない。
基本、リーサイドで上がる感じだから、低くなった時に移動するとこ考えないと、地獄見る。
金澤君はつぶれながら上がって・・・・「つぶれるの慣れました〜」

2018.09.19.kumo.jpg
そして、雲底960mまで上昇。

2018.09.19.takai.jpg
皆さん、しっかりあげきって移動です。
この移動はアクセルワークとコースが大事なんですが、やはり経験不足でコース取りとタイミング悪く対岸のピークにはたどり着けない。

木谷さんが何とかたどり着けたがサーマルの探し方が悪く・・・・低くなってしまったね。
タカがせっかっく近くまで高度下げて一緒に飛んだのに〜(意地悪)
うまいこと同じ上昇風帯に入れずでした。

2018.09.19.taigann.jpg
対岸の山からテイクオフ側の眺め。
奥に見えるのが倉岳のテイクオフの山。

そんな感じでみなさん、長く飛んでました。

2018amakusa5.jpg
1時間半ちょっと飛んでランディング。
そして、数名の方々無事にランディングにショートランディング(笑)で終了。
ランディングが狭い?いいや獅子吼より下ろしやすいですよ。


一斉に同時進入になったということに。
テイクオフよし上空よし!!で上出来の内容でした。

十分天草を楽しめました。

2018.09.16.taka.jpg
タカは久しぶりのシングルフライト、多分1ヶ月ぶりやね。リックと一緒に飛べたのも楽しかった。
今日はクメオでのフライトでした。


1日たっぷり天草で過ごして、さあホテルへ移動です。
今日のお泊りは高級温泉ホテル。
山鹿温泉ってところです。
天草から車で2時間ほど。

2018.09.19.yuu.jpg
ホテルについたときは既に19時で急いで夕飯です。
ホテルでの夕飯。
なんと・・・夕飯は個室部屋にご案内。
そして、お食事の説明から。
これはちょっと良すぎた感があります。

部屋に戻ると、すでに布団が引いてありましてね〜
宴会しながら一人ずつ倒れていきました。


ツアー3日目 9月17日(月)

2018.09.19.asa1.jpg
朝食もバイキングではない、和朝食でした。
非常に快適な宿でございました。
初日との落差が半端ないです。

ホテルを8時半にチェックアウトし、大観峰へ移動です。
今日は伐株山の予定でしたが、ちょっと西風すぎるので、大観峰のほうが良いとのことで、大観峰です。
大観峰は飛びたいとの希望があった皆さん、大観峰にわくわくドキドキ。

そして、10時に大観峰へ到着。今日もリック&リアンと合流。

2018.09.19.1.jpg
大観峰のテイクオフから見る景色は日本を感じない。

景色ドキドキするが・・・何より皆さん初めてのトップランにドキドキです。
トップランの形の基本の形をレクチャー。何がよくて何がダメか・・・説明してもよくわかってないかんじ。
ぐるりと回り込んでフォローでテイクオフに突っ込んできたらあかんよ〜これだけは絶対ね!!

いろいろい言ったけど、まあ何度もトライしてみてくださいね。

2018.09.19.tk.jpg
さあ、皆さんテイクオフです!!

2018.09.19.1 (2).jpg
テイクオフは簡単なんで、比較的にスムーズにいきます。風もよく、リッジソアリングとしては非常に簡単。
しかし、リッジソアリングが下手な獅子吼メンバー。ちょっと危なっかしい。
人と合わせて飛ぶんですよ〜
リッジとの距離感、流れのリズムがつかめてない。
見てると・・・・高橋さんがちょっと危ないターンしてる気がする。無線で注意を促したその後2分後。
なんと、高橋さん・・・・テイクオフに向かってターンを切りテイクオフに突っ込んできた〜
右!!!右引け!!!!!!!
旋回しながらテイクオフに下に突っ込んだ!!かなりハードに突っ込んだ
義理セーフ。なんでそんなことになるんだよ〜(涙)


高橋さんを迎えに行ってたら、米田さんが消えた!!!!

201809.19.3.jpg
米田さんテイクオフの下50mの藪の斜面に・・・・
リッジで寄りすぎてさくっとささりました。
なんでだよ!!!!!

2018.09.19.2.jpg
そして、おがわが米田さん迎えに行ってたら、北川さんが米田さんの刺さったところの下の斜面ギリギリを・・・・
そして、笹にガサガサ・・・・とかすり出てきた。

なぜだ!!!!!!!!!!普通に穏やかなリッジソアリングですよ。
どこ見てたらそんなことに〜。

2018.09.19.3.jpg
北川さんがかすめてた後ユキミさんがトップランに挑戦。
降りれそうで降りない・・・・もうひと引き!!
あーー進んじゃう。

2018.09.19.4.jpg
ちょっと笹の所へ降りた。
まあ、初めてだからこれぐらいはしょうがない。
プロセスはよかったんで、操作だけだね。

2018.09.19.5.jpg
そして、中野さんトップラン!!うまくいったぜ。

まあ、何回かトライして、やっとできる感じ。
高橋さんは、再びフライトして、トップランに挑戦。
北川さんも同じタイミングで挑戦!!
このお二人10回ほどトライして・・・高橋さんだけちゃんと降りれた。
しかし、北川さん降りようと思ってから1時間は降りる努力してたね〜
やっとランディング。ふ〜

皆さんイメージとどうしなきゃいけないのかわかってきたようで、徐々に精度が上がってきました。
降りたら休んでまた休憩。
最初から上手くはなかなかいかない。
トップランは失敗を繰り返して上手くなるもんだ。
タカもその昔、色々やらかしたもんです。
おがわもバリでツリーランしてるしね。
みんなの気持ちがよくわかる。
なぜ、あの上級機であの狭いところの上昇付帯に簡単に降ろせるんだ!?
そう思ってしまうよね。
テクニックの幅が広いほど降ろす方法がいっぱいあるんだよね。


2018.09.19.mina.jpg
そんな感じで、ひたすらノンストップでフライトしてました。
上空の飛びは、サーマルもあって、1500mまで上昇しましたね。

今日はメンタルもテクニックもすべてにおいて自分の限界を超越したのではないでしょうか?
こういう飛びをするとパラグライダーはうまくなるよ。

2018.09.19.gutari.jpg
14時ごろに雲多くなりはじめ、皆さんぐったり。
これにて終了!!
10時から飛びっぱなしだったしね。

実りの多いフライトでした。
天草倉岳と大観峰、獅子吼では経験できない素晴らしいフライト体験ができましたね。

そして、その後お土産を買いまして、17時久留米駅にて解散!!
中野さん以外皆さん翌日も休みだそうで・・・・博多で遊んでから帰るとの事。

タカ&おがわの前夜祭のイカがうらやましく、福岡のいけすのある店でイカパーティーをしたそうです。
めっちゃ九州を全開で楽しみましたね。
ありがとうございました。

ハイエースはゆっくりと金沢へ帰ります。
posted by 校長 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184464195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック