2017年07月05日

好き勝手Cクラスランキング

今日の獅子吼は、一日雲底高度が低く、コマネチの谷はずっと白いパンツはいてましたわ。


DELTA3のデビューを前からCクラスのグライダーのアスペクト比が少なからず話題となりました。
結局、オゾンはDELTA3をアスペクト比6という最近発売された中のグライダーではもっとも低い(丸い)アスペクト比のグライダーをリリース。
これで、出揃った感があり、感想としてはどいつも乗りやすく、良く出来てきた感じはあります。
アスペクトが高いほどリスクは高く性能は良い感じはするが、素材とバテンの入れ方その量によっても性能や安全性が左右されます。

しかし、何が安全なんかといわれると色々考えさせられる。
ENテストだけが全てか?
そうではないよね、つぶれにくい翼も安全かもしれない。
ENテストではつぶれにくさはテストされない。

性能はどうか?
速度域ごとでの性能差はあるものの、翼の特性を考えて飛ばせれば、乗り手で何とかなる性能差かと思いました。

やっぱ重視されるのはコントロールのしやすさというか楽しさだよね。
ちなみにタカの場合は携帯性(重さ)や畳みやすさもユーザーとしては重要だと思っている。
自分は硬すぎる翼=多すぎるバテンは遊び道具としてはあんまり好みじゃないかもしれない。
オートマのラグジュアリーカーよりもマニュアルのライトウエイトスポーツカーが好きだな。

「タカちゃんいっぱいCクラス乗ったでしょう〜どれが良かった?」
良かったの基準が難しいけど、性能、携帯性(重さ・畳みやすさ)、乗りやすさを踏まえて勝手にランキングしてみました。

1位カイエン5          アスペクト6.41
2位ヴォルト2スーパーライト   アスペクト6.2
3位エラン2           アスペクト6.18
4位デルタ3           アスペクト6
5位キュア            アスペクト6.75
6位ヴォルト2(ノーマル)    アスペクト6.2

U-TURNパッション・777クイーンも乗ったがちょっと古いのでランキング外。
これ以外のメーカーさんのグライダーは乗せていただく機会がないんで、なんもわかりません。

DELTA3が4位かよ!!って怒られそうだけど・・・・
あの重さと畳むのに枕いるのはかなりマイナスっすよ。
それとちょっと安定しすぎだし・・・まあそんな感じのランキングです。

2017.07.05.taska.jpg
明日、SUPAIRのCクラスTASKAが来たので乗ってみたいと思います
アスペクト6.4、カイエン5と近いね〜さてどうだろう。
デザインは好きだよ。
DELTA3(ML)の試乗機は明日までしかありません。

ちなみにスクールで一番売れたCクラスはキュアなんですね〜。
僕の好きなグライダーとユーザーさんが求めるものはまた違うってことですわ。

さて、明日はゴンドラ点検休業中のため車での入山となります。
posted by 校長 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月01日

大雨洪水警報

四国あたりに出来た熱帯性低気圧の影響で、前線が刺激されて凄い雨になりましたね。
朝起きて、やっぱり。
よし!!
土曜日なんに2度寝をかましたスタッフ一同。

それにしても、週末ばかりこんな天気だ。
平日はよく飛んでるのにね〜
そして、さすがに7月は中旬までろくな天気が少ないんで、まあしょうがないでしょうね。

来週からはフランスツアー。
今週からいけたんじゃね〜。
タカ一人先行ってますわ〜
ってしたかった状況です。

今日は、遊びに来られたのはお二人だけでした。
明日のスポレクはもちろんなし。

この後、イベントが続くので、スポレクは9月まで延期だね。
たぶん。

posted by 校長 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月30日

NEWマシーン

2017.06.30.kusakariki.jpg
獅子吼高原スカイレジャーエリア運営協議会の乗用草刈り機が新しくなりました。
結構高いもんだんですね〜。
70万円ぐらいするんですよ。
農機具って高いですよね。
ミライース買える金額じゃないんですかね?


2017.06.30.kusakari1.jpg
古い乗用草刈り機はもう息絶えそうな状態。
17年ほど頑張っていただきましたね。
お疲れさまです。

ワタシの次の17年後は58歳か・・・・
まだ草刈りしてるな(笑)
17年後はGPSで自動に草刈りしてくれるのを望みます。

梅雨前線が北上してきたんで、しっかり梅雨状態に入ってきましたね。
今週末もアウトだね。

7月上旬はあまり期待しちゃいけませんね。
さて、明日は朝からしっかり雨降ってそうですので、スクールは12時オープンとなります。
posted by 校長 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

それぞれの思い

今日は午前中のほうが晴れそうな予報だったんですが、天気予報はどこも曇り予報。
なぜだ!!
午後は雲りがちだが薄日も出そうなんだけど・・・
天気予報悪いと消極的な予報になってしまいます。
風は問題なく1日北西の風だね。

朝から雲もほとんどない晴れ。
もっと強気で一日晴れ!!って予報すべきだったかな?
そう思った朝です。

朝一からソアリング状態で、みなさん心地よくソアリング。


2017.06.29.a.jpg
朝一番テイクオフのエリ。
テイクオフは、クオリティーがドンドン上がってますが、ランディングのクオリティーが上がりません。
悩んでますね〜。
ここ15本ほどハイクオリティーなランディングを意識してから思うような形に持っていけてません。
タカは、その悩み具合を見ながら茶化すだけ。
理論的な話でしかアドバイスはしません。
その理論をどこまでの範囲で使いこなせるかで技量が決まるね。

出来ていない理由の問題点もどこかにあります。
そのポイントの答えはどこかにあります。
悩んで出た良い結果は見につきますよ〜。
まず、問題点も具体的にみつからないからうまくならないんだなぁ〜

さすがに、今日は久しぶりに問題点で誘導入れてみました。
気がついたみたいです。
もう大丈夫らしい。


2017.06.29.b.jpg
1時間ほど飛んで降りてくると、グライダーがめっちゃ熱い!!
畳んでる時に低温やけどするんじゃないのかと思ったらしいです。
良いこと思った!!
みんなで虫眼鏡もって飛んで河合チャングライダーに焦点を!!
上空で炎上するかな?(笑)
今日もええ飛びしておりました。


2017.06.29.c.jpg
村井さんテイクオフ・・・・
最近よくアドバイスするのがこのパターン。
地面から足が離れた瞬間にすぐフルグライドする方が多い。
なぜ?
高度が下がるから速く抜けていくためらしいです。
へーーーーーー
フォローでテイクオフしてるんですかね????
立ち上がる、グライダーかぶる、抑える、翼面荷重かけて前に行く・・・地面から足が離れるとさらに翼面荷重があがります。
じゃあグライダーは?さらにピッチダウンする可能性ありだよね。
そこで、フルグライドしたら、さらにピッチダウン。
だから沈むんじゃないのかな?
もっと理論的に!!


2017.06.29.d.jpg
おがわは最近良く飛んでます。
フランスでベストなフライトがしたい!!
そして河合チャンが良い飛びするもんだから・・・ちょっと悔しいらしい。
「上げ負けた!移動し負けた!完敗デスっ!」


2017.06.29.e.jpg
あやか、ブラックライト2に変えてからボディーコントロールをしなきゃいけないことが難しくなり、上空で揺れるというか、持っていかれてしまい。
怖さを感じるようになった。
そうだろうね、グライダーのレベルが上がれば、やること増えるからね。
改善したいそうなんで・・・・リラックスバー(フットバー)を装着しました。
全然違う!!画期的に改善され、強くなったそうです。
MOJOではいらなかったが、ブラックライトではこれはあったらいい。
村井さんもテキーラでは気にならなかったが、チリではこれがないときついとな。
ハイエンドBとノーマルBの違いですね。


2017.06.29.f.jpg
ハイエンドB試乗したら、次Bクラスにさせられる・・・まだCクラス!!
そうビビッてる高見さん。
ブラックライト2のってみました。
良い飛びしてましたよ〜
そして楽でしょ?????ねぇ楽でしょ?????

「・・・・・・・・・・・・・」


2017.06.29.g.jpg
絡んで飛びました。
レインボー太田さん。即終了!!


2017.06.29.h.jpg
千田さんDELTA3乗りたくて朝からバラスト祭りです。
何キロ積んだんですか?
頑張って90kg行くか行かないか、下限気味で乗りました。
で「もうちょっと重いといいなぁ」
だから無理があるんですって〜


2017.06.29.i.jpg
今年初飛びの村上さん。
午前中に来られたが、サーマルタイムすぎてちょっとお待ちいただき、曇ったタイミングでフライト。
2本飛べました。
飛べば飛ぶほど難しいことが多いですね〜
まだ7本目これからっすよ。


2017.06.29.j.jpg
大谷さんは午後から来られ、吸い上げ条件でフライト。
雲に入りそうになって、山から離れていきすばやく翼端折り。
おっ!!リスクとその対処の判断が的確だった。
ちょっとしたことだがレベルアップを感じました。
ちょっと前ならがっつり入るまで飛んでたり、言われるまで、山沿いにいたりしたんでね。
いい判断!!


2017.06.29.k.jpg
その他にもこんなメンバー飛んでました。

今日のブログはエライ気合い入ってますね〜
なんか、最近ブログがパターン化してきてるから変えてみました。
全国の「今日の獅子吼ファン」のみなさまが楽しみにしてるのでね〜

ではまた明日〜
posted by 校長 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月28日

DELTA3試乗レポート

昨日の夕方にDELTA3 MLサイズの試乗機が来たので今日は昼からでもよいタイミングあれば乗ってみたいと思っていた。
まあ、午前中は曇が多そうで、午後は少しは晴れるかなぁと期待してました。

まず、朝はどん曇りに近い状態の穏やかな条件。
サーマルもなさそうなんで、まずは課題練習ですね。

2017.06.28.a.jpg
この曇り空にしては朝から多くのフライヤーが来られてました。
こんな日はしっかり基礎練習だね。
もちろんラインチェックもしっかりと!!

昼前になると徐々に晴れ間が多くなってきまして、少しソアリングが出来るようになりました。

2017.06.28.tdm.jpg
このタイミングでタンデム体験のお客様とフライト。
ぶっ飛びじゃなくてよかったです。

2017.06.28.hare.jpg
天気がよくなり始めたので、昼もそこそこに、フライト。

2017.06.28.harehajime.jpg
良い感じになりましたね〜
これは、DELTA3試乗の最高なタイミングじゃないですか!?


ということで、DELTA3:MLサイズ(85kg〜105kg)をタカの装備だと軽すぎるので、バラスト積んで92kgでフライトしました。
DELTA3はそもそもグライダー自体が重いです。
5.7kg!?いやいやインナーザックとバテン保護用の枕がついてますんで、実際の重さは6kgでしたよ。

軽量タンデム機 エアーデザインのHIKEで5.3kg
MACPARA ELAN2が同サイズで4.8kgケース入れても枕ないから5kgあるかないか。
SKYWALK カイエン5は同サイズで5.2kgでバテン保護用の枕がいらないんで5.3kg程度だね。
ちなみにBGD CUREは同サイズで5.0kgです。
ということで、グライダーの重さとパッキングサイズはダントツクラスNO.1といえます。
タカは、軽量、コンパクト、それなりの性能、が好きなんだよね〜

構造はバテンがしっかり下のほうまで入ってました。
もちろんシャークノーズ。
DELTA3のウリはアスペクトがCクラスでは低く乗りやすい。
それでいて他メーカー同等いやそれ以上の性能だということ。
さて、どうかね〜

2017.06.028.delta3.jpg
立上げは凄いマイルドにゆっくり上がってきます。
頭上で緩やかに止まる。めっちゃイージー。
グライダー重量の重さのせいか、最初のインフレーションは少し重く感じましたが、すばやく普通に頭上まできます。
ただ、リバースで翼が頭上に来る前に振り返って勢いよく走り出しちゃうと翼が着いてこない可能性がありますね。CUREがちょっとそんな感じありますからね。
似たようなものです。

2017.06.28.delta3b.jpg
まず、スピードですが巡航では、カイエン5・エラン2の方が速い気がする〜
かといって、VOLT2スーパーライトほど遅くないよ。
この時点で、重量は真ん中上で乗るがベストな気がしました。
DELTA2の時は下限気味のほうが調子よかったんですよね。

2017.06.28.delta3.jpg
旋回ですが、最近の翼ではストロークは少し長く感じますが、気にならない。
ブレークの上のほうが軽く、やさしく効いてきますが、旋回中に使うやや下のほうは少し重めでコントロールの範囲が狭くなってます。
旋回中の外側の操作は非常に簡単で、ハイエンドB乗ってるのかいや、ノーマルBだなといったほど操作が少ない。
この操作の簡単さはアスペクトの低さの賜物だね。

2017.06.28.mimamikara.jpg
グライドして、北高圧〜奥獅子吼あたりまで飛んで行きましたが、性能的には普通のCクラス。
クラストップってことはない気がします。
もちろん、Cクラスとして性能の不満を感じることもなかったです。

エラン1と並走して飛びましたが、圧倒的な差はございませんでした。
ただし、上空でのリスクの感じなささは、クラスでNO.1間違いない。
「M6ぐらい飛ぶか?」と聞かれますと、M6のほうが圧倒的に飛びますよね。

やっぱり滑空性能はアスペクト比とバテンの多さに比例するかな?
バテンの数多く重めのグライダーを選ぶか、バテンの数を減らしてアスペクト高いグライダーを選ぶか。
上空のリスクはアスペクト比に比例するし・・・
その辺で自分のコンセプトにあった翼を選べばよいのではないか、と思いました。

またしても、タカの好き放題インプレッションを書かかせていただきました〜。

では、また明日〜
posted by 校長 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月27日

77%の確率

6月最後の火曜日。
今週も飛べました
5月・6月と火曜日は飛べた感じがありますね。
9日間あった火曜日ですが、飛べなかったのは2日のみ。
その飛べなかった2日も大倉岳で練習出来てしまうというパーフェクトな2ヶ月でありましたね。

ちなみに昨年は暗黒の火曜日だったんですがね。
めぐり合わせというものはそんなもんです。

今日は10時15分に1便目にスタート。
なんだかんだ全部で4便出しました。


2017.06.27.tk.jpg
みなさん、フライトされていました。
条件的にはちょっと渋めな空ですが、時折なんか強いブローを感じることもありましたが、それもほんの短い時間だけでした。

2017.06.27.sora.jpg
高度は850mほどの上昇でしたね。

昼頃に村井さんがテイクオフしようと準備。
前回がっつり絡んで飛んでしまい。。。大反省。
今日は、念入りにラインチェック!!
今日はやらかしませんよ!!

2017.06.27,murai.jpg
1回目。
立ち上げました・・・ご本人談「綺麗に上がったのですが、右に傾いたのでやめました」

2017.06.27.murai2.jpg
2回目です。
立ち上げました・・・右に傾いて、勢いよく右に傾きながら飛んで行きました。

ランディングで見ていたタカ。
「またですか!?がっつり絡んでますヤン!!」
フル誘導からのランディング。

村井さん「1本目はうまいこと上がったが右に傾いた。絡んではなかった。」
タカ  「1本目で右に傾いた時点で、絡んだ状態で立ち上げたんじゃないんですか?」
村井さん「1本目しぼって、2本目上げる間に絡んだと思う。」
タカ  「いやいや、その可能性は低い!!きっと1本目から絡んでたはず。」
村井さん「ラインチェックをいつも以上にしたはず。」
タカ  「ミスは気がつかないからミスになるんですぅ〜チェックのポイントを抑えましょう!!」


2017.06.27,murai.jpg
もう1度1回目の千田さんが撮った写真を見てみてください。
絡んでますね〜

2017.06.27.murai2.jpg
2回目やっぱり、絡んでますね〜

タカが正解でしたよ〜
細いラインは非常に絡みやすいです。
また、古くなったグライダーのラインも表面は毛羽立ちがでていて摩擦係数あがるので、絡みやすくなります。
しっかりラインチェックして、さらに頭上で確認してくださいね。
立ち上げてから加速するまでの時間をたっぷりとり、余裕のあるテイクオフをすることによって、ミスは防げそうですね。
みなさんお気をつけください。

大倉岳講習


2017.06.27.sugimori.jpg
今日は杉森さんの練習です。
杉森さん随分とよくなりました。
あとは手が横に伸びてしまう操作をひじを曲げながら操作出来るようになれば、獅子吼初フライトOKですね。
もう一息!!

2017.06.27.yosida.jpg
P吉田さんはいつも勢いで行ってしまうテイクオフ、余裕のない感じを何とかしなくてはと練習に。
フランスで置いて行かれたらやばいっすよね(笑)
頭上キープからの振り返りを練習しておりました。
posted by 校長 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月25日

一日雨でした

今日は、結局1日雨。
タンデムはぜーんぶキャンセルとなってしまいました。
痛いなぁ。

大倉岳講習ももちろん中止。
痛いなぁ。

スポレクも中止。
辛いねぇリチャさん。

昨日野島さんにいただいた、たまねぎとジャガイモ。
20170625じゃがたま.jpg
その2つで・・・カレーしか思い浮かびません。
20170625カレー.jpg
タカ&おがわでぶつぶつ言い合いながら作りました。

KAZが昼前に来てくれ、出来立てほやほやのベビちゃんを見せに来てくれました。
KAZは立派な母に・・・・今からですね〜
20170625母.jpg
KAZベビちゃんを見に橋さんも来られ、
「あーーーかわいい。妊娠せずにこのまま明日もらえるまらまた欲しい〜」
タカには全く母心はわかりません。
自分の子供が今もう1回あのサイズならと想像すると・・・恐ろしい〜

晃さん来られたり村田夫妻来られたりと。
みなさんカレーを食べに来ていただきまして、ぬるい時間を過ごしました。

ゴンドラお休みについて

7月3日(月)〜7月(金)はゴンドラ点検のため運休です。
飛べたら車です。


スクールツアーで期間中の講習について

7月8日(土)〜7月15日(土)はフランスツアーの為、タカ&おがわは不在となります。
獅子吼のスクーリングは千田&エリで出来る範囲となりますので、獅子吼が飛べたら大倉岳講習は中止となります。獅子吼が飛べなければ大倉岳講習のみとなります。
そもそも、梅雨で例年このあたりは雨が多いんでツアーに行くのですが・・・
ということでご了承ください。
posted by 校長 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記