2018年10月20日

大倉岳の日

獅子吼はフォロー、風向風速計とにらめっこしてると・・・弱いフォロー。
もしかしたら、と思いつつ見てましたが、ひたすら2m/sのフォローは変らず。
やっぱりダメだ。

大倉岳に移動することにしました。
スカイ朝霧PGSから25名のビジターさん来られてたんですが、今日は諦めていただいて、大倉岳へご案内。


大倉岳は、ついたすぐは、風が弱いかと思ってましたが・・・・
準備始めたらすぐに、良い感じのアゲンストが入りはじめました。

2018.10.20.shishiku.jpg
いいねぇ〜
コスモスもキレイに咲いてます。
獅子吼のメンバーは先について練習。

スカイ朝霧チームはチャンカレ経由で来ました。
「あの上まで上がれちゃうんだ〜。良い風〜」

2018.10.20.sky.jpg
みなさん、若干テンション上がり気味で・・・取り合えずグラハンしながら登り始めました。
楽しんでいただけて何より、上までいくんだ〜
イケイケ!!!

2018.10.20.nobori.jpg
けっこう上がったぞ。
先頭バッターイントラの山ちゃん登頂。
さあ、飛んでこい!!

全然飛んできません。

飛べ!!ビビルな!!

そのうち、上段あたりで、浮かされて・・・そのまま木に消えていったフライヤーが現れた。
あれは、山沈だな。
その下でも、やぶにひっかかったぞ〜

なかなか面白い!!勢いのみで進んでる。
で、中上段あたりでビビッて・・・メンタル負けて失敗。

そして、山ちゃん絞って降りてきてるヤン。(本人いわく、山沈回収の為仕方なかったと)
他の方々も、飛ばずにゆっくり下がってきてる。
あの位置から見た景気で、飛ぶことを想像するとね、良い感じにビビルよね。

そして、下のほうから皆さん飛び始めたね。
そうそう、そうやって低い所から徐々に高さ上げていかないとねぇ〜

2018.10.20.yama.jpg
後半、慣れてきたイントラ山ちゃんは上段でリッジとってソアリングして斜面に降りてまた、飛んでと遊び方を見つけてました。
そうそう。

2018.10.20.okura.jpg
今日は一日よい風で練習できました。
風が売り切れたのは16時でした。
大倉岳講習生の佐々木くんは回りの雰囲気に圧倒されつつ練習してました。
さあ、がんばらないと今年終っちゃうよ〜
posted by 校長 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月19日

晴れのち雷雨

今日の朝の予報メール

「おはようございます。天候は、晴れのち雨
小さい低気圧が日本海にあって、昼から近づきます。
上空の寒気もあることから急激に天気が変ります。
風は西風です。
12時ごろまでの感じですので、とりあえず朝一で飛んで、後は様子見ながらとなりそうです。
13時にはアウトな予報です。
8時40分現在西の風1m/s」


10時前に数名が来られました。
「今日、雨の予報なんかあった?」
確かに予報は曇りでしたが・・・逆になぜ曇り予報なのか不思議なんですよ。


2018.10.19.sugi.jpg
朝一はこの天気でテイクオフ!!

B級生も3名来られ、準備。
そして、タカ1人だけドキドキしてあせってます。
タンデムも2件あって、ゆっくりしてると飛べなくなるぅ〜
「早く準備して〜飛べるうちに飛ばないと、雨雲来ちゃうかも・・・」
西・北の空は晴れてます。
違うの今日は南東から南側からやってきて白山でぶつかって発達して、いきなり来るから。

2018.10.19.b.jpg
1本目は全然問題なしで、渋めではあるがソアリング条件でした。

2018.10.19.tdm.jpg
おがわのタンデムは、大西さんご紹介のお客様。

あーけっこう来てるかも・・・・この危機的天気を理解してくれ〜
タカ1人であせってる感じ、だってテイクオフから見る景色は超青空。

タカは、リピーターさんとタンデム。
写真はいらないから、こいしや上空までいって欲しいとのご希望。
そして、タカソアリングしてトップアウトしたら、めっちゃ減率良い感じ。
いくらでも上がりそうです。この上がりは雲が発達したらヤバイに決まってる。
改めて実感。

そして、ソアリングしていると・・・南東側で発達した雲が雨を降らせはじめました・・・
小さいけど小さいのも今日はヤバイ!!
そして、その雨雲は獅子吼の裏を衰退しながら通過。
セーフ。
次の発達の周期までは飛べる!!


B級生は2本目をフライト!!
これにて私的には終了モードですが・・・12時でした。
クワモトさん「天気大丈夫でしょう〜」からダメ元でテイクオフに・・・

2018.10.19.yama.jpg
そのちょっと前にテイクオフした、スカイ朝霧イントラ山ちゃん。
風が吹き始めてる動き・・・確実に嵐がきてる。

2018.10.19.yama2.jpg
山ちゃんの動き見てると、いきなり来そうな気がする。

クワモトさん飛んで翼端折って、すぐ降りるなら・・・・ということでテイクオフ。
すぐに翼端折って・・・・高度処理に入ったところで、雨を感じた!!
山ちゃんも急いで降りてくる。

ランディングしたと同時にゴロゴロ〜と雷が・・・
テイクオフには強めの風。
この時間が12時58分でした。

裏からドンドン発達した雲は、危険レベル。
13時半には土砂降りの雨が南高圧で、ほんと凄いの来た。
雹も降ったとこがあるらしいね。
今日の雷雨は全国ニュースもんでしたね。

山ちゃんもびっくりしてました。
北陸恐るべし〜。
西側の空見てまだまだいけると見てたけど、後ろからやってきたんですね。

ジーナの散歩もギリ間に合ってよかったー。
posted by 校長 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月17日

朝からしっかりと雨。
昼から晴れてきそうですが、不安定感は否めない。
風も北東の風でアウト〜
ツアーで来ていたロールアウトパラグライダースクールの方々は勝山へ移動。
昨日まではうちのスクールも一緒に移動して・・・と思ってましたが朝のこの雰囲気ではメンバーが集らないと判断。
見送りました。

2018.10.17.niji.jpg
獅子吼は昼前に晴れましたが、午後に虹が出る小雨が降りました。
ほんと獅子吼だけピンポイント雨が降ったね。

今日は大倉岳は良かっただろうなぁ〜
リフトがついて冬準備が始まったとニュースに出てましたね。
posted by 校長 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月16日

もう空は寒いよ

車の日・・・いや〜風次第でゴンドラも休みを決めて欲しいもんです。
朝から風はよし。

ちょっと曇ってますが、昼前からスカッと晴れそうです。
兵庫県のロールアウトパラグライダースクールさんが、獅子吼にフライトツアーにお越しになりました。
まだ曇りだけど、車だし、とりあえず1本行きますか!?

2018.10.16.r.jpg
飛べるだけでテンション上がりますね〜
そして、朝一からめっちゃソアリング出来る状況で・・・・飛び放題です。
12時には晴れてきまして、凄い良い条件になりました。

2018.10.16.tk.jpg
車は2便3便とフル回転しました。
獅子吼のメンバーは2便目からボチボチ集り始めフライト。
条件的には、村田、先端大、ダムは動けました。
富山側には良い積雲、そして良いサーマル。
これ、富山クロカンいけたヤツだな。
雲底も1500mありました。

2018.10.16.tdm.jpg
タカは一番良い条件の時にタンデム体験でフライト。
行きたい気持ちが・・・・飛んでる場所に現れてます。
テイクオフして20分で奥獅子吼で雲底でした。
タンデムの方は喜んでおられました。
ありがとうございました。

ロールアウトのメンバーの方々は1時間は当たり前、4時間飛んでいた方もいて、十分飛べてました。

2018.10.16.nisi.jpg
ちょっと遅れてきて、若干一番良いタイミング逃した西田君。
ゆっくり立ち上げて・・・・

2018.10.16.nisi2.jpg
わぁ〜
珍しいねぇ〜
出遅れてあせったか!?
それでも、十分遊べてました。

そして、みなさん散々飛んで、ゆっくりして・・・

さて、ラストのサンセットフライト、行きますか!?

2018.10.16.hirose.jpg
夕方も良い風で、夕日に向ってテイクオフ!!

2018.10.16.ri.jpg
午後半休して急いできたが、車の日なんでこの時間のフライトなってしまったリチャさん。
一番良いときに飛びたかった〜、けどしゃーない。

2018.10.16.sora.jpg
まだソアリングできてますが・・・・
動いたら下がるぅ〜

2018.10.16.yuu.jpg
おがわもフライト。
あらどうしたの?大倉は?
大倉岳に講習生が来なかったし、連絡も取れなかったんで、帰ってきたよ。
しかし、獅子吼についた同時ぐらいに、今ついたんですけどって連絡あって・・・
「もう今日はなし!!」となりました。大倉岳良い風だったのに〜

2018.10.16.ugoitara.jpg
16時半に皆さんランディング。
耐え切れず・・・・地面に・・・・夕日が沈むまでは耐えれませんでした。

posted by 校長 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

良い日になりました

朝はドン曇でしたが、予報を見ると、昼からスカッと晴れてきそうです。
風は朝から穏やかな北西の風。
練習したい方は1本目は課題練習で、2本目からソアリングスタートな感じでした。

今日は、昼前にかけてフライヤーさんが集り始めましたね。
晴れを狙って!!来られてのフライト。
その狙いは当たりでしたよ。

2018.10.15.sora1.jpg
2018.10.15.sora2.jpg

みなさんバンバン飛びました。
南を中心に移動して飛んでいました。
ソアリングしては、1000mは当たり前で最高が1500mまで上昇。

2018.10.15.LYNKS.jpg
その1500m上昇して余裕のダムアウト&リターンしたのは、西村さん。
今日から、NEWグライダーリンクスデビューです。早速好調なようです。

2018.10.15.punk.jpg
デビューはもう1機、BGDのPUNK。

2018.10.15.hirata1.jpg
更にハーネスデビューの平田さん。
GTOライトで、初ポッドハーネス。

2018.10.15.hirata2.jpg
予定通り足が入らず・・・・もぞもぞもぞ・・・・これは練習が必要ですねぇ

2018.10.15.hirata3.jpg
足が入れば、シャキーーーン!
慣れが必要ですが、今日は良い感じだたっということで良かったです。

2018.10.15.BL.jpg
この、ブラックライトが獅子吼の空に帰ってきました。
モトキさん復活です。
復活フライトで、いきなり2時間?程飛んでました。
おかえりなさい。


それにしても今日は秋らしい心地よい空でした。

2018.10.15.kita.jpg
北西側は澄み切った青空。

2018.10.15.minami.jpg
南西側は時より積雲ができ、わくわくさせてくれる空。

多くのフライヤーさんがたっぷり飛べた感じだった。


そして、15時・・・・1人のお客様が来られまして、「今から体験出来ますか?」
タカ「もちろん大丈夫ですよ。何名様ですか?」
お客様「多分6人?ぐらいかな」
その人数の飛び込み体験がくるとは予測しなかったぁ〜。
この平日の夕方に飛び込みで6名様の体験をすんなり受けいれるわけが無い・・・
ってこと、ないよね〜
「大丈夫でーす。できまーす」

2018.10.15.tdm.jpg
夕日を眺めながら飛んでいただきました。
ありがとうございました。

明日は、火曜日でゴンドラお休みですが、車で入山する予定です。
そんな火曜日にロールアウトパラグライダースクールさんがツアーで来てくれます。
インストラクターも4名きます。
みなさんも車の日やけど一緒に飛びましょうよ。
車は2台で山手線常態で回す予定です。

大倉岳講習も行います。
こちらは車の都合で現地集合のみ参加OKです。
大倉岳11:00集合です。
posted by 校長 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月14日

雲中へ

タカ、朝起きて外の天気の異変に気付く!!
昨日の予報では、今日は朝に気圧の谷の影響でドン曇りなはず・・・ん?
何だったら雨降ってるかも知れないのに。

昨日のツアー疲れで、明日は厳しそうだからゆっくりだと思ってたんだが、この空は何か違う!!
急いで獅子吼に行き、まずはデーター確認!
あーーーー雨雲さんめっちゃ北に移動してる。
天気図かわってるじゃん。
天気予報もこの変化に対応しきれてないからどこも北東の風予報。

周りの風みると、西風入ってきそうな感じがあるね。
ということで、飛べちゃうかもよ〜メール送信。

フライヤーの皆さん完全に飛べないと油断してたんで、集まりが遅い。
でも、続々と来られました。

2018.10.14.1.jpg
フライト開始!!
昨日、ツアーで散々飛んだメンバーは、今日、飛べちゃうのね〜体が痛い。
飛べると思ってなかったから・・・なんか辛いけどきたよ。

条件的には上空に寒気が入り、風もぶつかり、良い感じで、雲の発達が速く、サーマルも強めな感じで、良い条件。

2018.10.14.sora.jpg
パイロットチームは雲の発達に注意しながら、尚且つ雲底ちかくの上昇も使い移動して遊んでました。
まあ見てて安心。

しかし、NP〜B級生は、雲のど真ん中で上げるだけ上げようと・・・

「ある程度上げたら雲の端で、逃げる方法を確保しながら飛んでよー。」
ずーーーーーっと言ってたんにね〜

2018.10.14.ayaka.jpg
この方、北の風吹峠上空で、真っ黒の雲に・・・すっぽり。
しかも上空は北東の風で、逃げるべき方向にはもっと黒い雲。
さすがにウラに逃げる選択肢は無いので・・・・・
「あやか〜西方向に向けて、翼端降りMAX、アクセルMAXで西の黒い中、雲の中を突っ切って出てくるしかない!」
その無線機入れた瞬間、雲の中へ消えていきました。
まあ、あとタカの出来ることは、「ひるむな〜翼端降り手繰ってこーい。がんばれ〜」
応援のみ。
2分は白い闇を飛んだかな〜南西方向を向いてひょっこりはん。

だからもおぅ〜
本人談「白くなってやばいと思って、翼端降り、アクセルしたけどバリオは鳴り続けて・・・上昇。なんもわからんぐらい白くて、まだバリオが鳴ってて・・・ヤバイヤツ!!更に翼端折りを手繰って引いて、MAXで、バリオが鳴らなくなった、でも沈下音はならない。グライダーは頭上で大暴れしてた。ちょっと後ろとか見たけど、白いというか黒かった(笑)」
でも大してビビった様子無く話ししてたし、その後1時間ほど飛んでた。
強者や。

2018.10.14.ld.jpg
昼過ぎにはコンディションが危なっかしいので、終了〜
そして、フォローが入り・・・・終わりかと思ったら、夕方にちょっとだけまた飛べそうになったんでNPのみがフライトしました。

今日はよく飛べたほうです。
posted by 校長 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

白馬五竜フライトツアー

獅子吼がドフォローで、白馬が最高!!ってありそうで、なかなかない。
タイミングとれなかったが、今日はいけました。
獅子吼は10m/sほどのフォローが吹き荒れていたので気兼ねなく移動です。
5時半に白山インターを出発。
8時半には五竜に到着。

さあ、受付だ!!ってところで、さっき寄ったコンビ二に財布を忘れてきてしまったと気付くY田さん。
あわてて、タカとリターン。
まあ、すぐそこのコンビ二でよかった。

10時にテイクオフに到着。
とりあえず1本飛ぶ組と、条件をしっかり待つ組みで分かれました。
しかし、とりあえず1本組み、1本目からめっちゃソアリング状態で簡単にトップアウト。

しかし、2本目に勝負をかけていたので、NP小松さんとNP大谷さん以外は40分ほど飛んで1回ランディング。
そして、2人以外は11時半テイクオフに集りタイミングを見ます。
周期があって・・・・良い周期、雲底が上がったときに行きたい。
しかし、小松さんと大谷さんは朝からずっとねばってました。

2018.10.13.a.jpg
2018.10.13.b.jpg
12時前、みなさん晴れ間のタイミングで続々とテイクオフ。
アクシデント発生!!Y田さん、ブレークラインがプーリーと結び目が出来てしまって、ブレーク引けませ〜ん
あーあー。
まあ、ライン引きながら降りてくださ〜い。
完全に厄日ですな。

その後みなさんはソアリングする・・・タカもテイクオフ!
「タカテイクオフしました!!」って言って飛んだんだけど・・・・そして上げてるんだけど、誰もよってこない。よってきたのは木谷さんだけ。
おかしいなぁ〜
聞けば、「タカさんがどのグライダーでどの色かわかりませんでした!!」
チリ4:XS:ぺトロールの試乗機だった。

2018.10.13.c.jpg
木谷さんを連れて、前山に渡り、良いサーマルでソアリング。

2018.10.13.kitani.jpg
青木湖手前で追いついてきた木谷さん

2018.10.13.aoki.jpg
そのまま、青木湖の端まで行きまして、2人でリターン。
ZENO大橋さんは既に一歩先に動いてたようです。

帰りはグランド側を通り、リターン。
今日は山側よりもグランド側のサーマルがよく雲底も高かった。

2018.10.13.ri.jpg
山側は1800m程の雲底だったが、グランド側は2000mでした。
サーマルも豊富で、北側や更に東側にも移動でき・・・・

201810.13.nagano.jpg
長野市内がすぐそこに見え・・・クロカンで長野や志賀高原側へいけてしまいそうな勢いでしたね〜
勢いだけね、実際行くと沈むかも知れないけど。

そして、五竜の山側も珍しく午後でも上昇する感じで、ランディングしたあと、皆さんもう1本飛んでまたソアリング。
時間もたっぷり、旋回もたっぷり。
広い空を考えて移動して飛ぶ難しさをNPの方々にはわかってもらえたようです。
自由にどうぞは難しいよね。
コースは、雲、太陽、地形、風から導きださないとね。

2018.10.13.LD.jpg
そして、ランディング〜。
充実した白馬五竜でしたね。参加者の皆さんありがとうございました。

2018.10.13.mina.jpg
次回はいつになることやら。
それにしても、タカが飛んでても、肥田さんが懸命に誘導入れてくれるので、楽でした。
師匠よありがとう!!もっとしてくれて良いからね。
posted by 校長 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記