2018年09月09日

大雨

朝の予報データー見ると、意外と降らないかも!!
って思っていたら実際には予報以上に雲が発達して、大雨でした。
まぁどっちにせよ雲底が低くて、あがったーとおもったらフォロー強風でダメダメでした。
こんな湿気た空気や地面じゃだれもグライダー広げないか。

さて、土日なんもせずに終るのは悔しいので、午後からツリーラン講習。
2018.09.09.kaisyuu.jpg
必要最低限な道具の名前や使い方。
実際にツリーランしたら自分で何とかするのはやっぱり難しいので、回収行くほうとしてこれだけは知っておいて欲しいことなどを講習。

最近は、スマホを取り出せる位置に持っていてくれるだけで、回収に行くのがかなり効率よく現場に迎えます。
ツリーランセットの前にスマホと予備のモバイルバッテリーをハーネスのサイドポケットに入れて欲しいですね。
そんなことも話つつ、来週のツアーの話もしつつ、午後からの時間をすごしました。

posted by 校長 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月08日

5日連続

飛んでませんねえ。
連続飛べない記録5日目、まだ更新していきそうな勢い。
困ったもんです。
まあ、今年の7月・8月は記録的に飛べて、週末に限っては4月からずーーーっと飛べてましたからね。
あれだけ飛べたんですから、天気もどっかでつじつま合わせてくるでしょう。

今日は、4名のフライヤーが開いてるとも開いてないともわからないパラグライダースクールに来てくれました。
ネットしながら雑談です。
そう、Free Wi-Fiをはじめました。

Free_WiFi.jpg

ネットカフェ化!?
まあ、タンデムのお客様にお渡しする写真もネット経由でスマホで見れたりするのに、Free Wi-Fiがないと困ることがあるんでね。外国からのお客様も増えましたし。
フライヤーの皆さんもどうぞお使いください。
しかし、1度につなげれる台数が13台ぐらいとなってます。
パスワードあります。こちらは定期的に変えていきます。

posted by 校長 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月05日

台風被害

獅子吼は南西の風の為、大してスクール近辺は風が吹きませんでした。
山頂は、ゴンドラ駅のガラスが数枚割れて、紅の豚の飛行機が・・・・もう処分とのことです。
テイクオフは人工芝がバリバリはがれました。

今年は予算がないのでもうあのままです。
日本選手権における補正予算が白山市から組まれることを願うばかり。

獅子吼高原近辺で、低圧・高圧の両方の電力の異常があり、一時的に停電したようです。
電力から被害がないように、エアコンやパソコンは抜いてありましたが・・・・ブレーカーは落ちてないし、まあ大丈夫かと思っておりました。

しかーし、Wi-Fiルーターが故障。ランプが点滅して大暴れしてました。
まあ、小さい痛手ですわ。

早速交換して・・・・設定して終了。

さて、9月15日(土)〜17日(月)に九州ツアーいきます!!
そんな急に人数集る???
現在7名の参加者とタカ&小川となっております。天気さえ良ければ行きます!!

posted by 校長 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月03日

あちこちから風

朝は南風のテイクオフだったがすぐに西風に変りました。
そして、朝から良い条件。

2018.09.03.kaai.jpg
河合チャンタンデム練習5本目。
ソアリングしたらつまらなそうだった・・・乗ってるだけって・・・
そうだよ。
次は前後交代です。
テイクオフも難しいけど、グラハンテクニックがあればまあ、そんなにつまずくポイントではない。

それよりも、色々な風や体重の違うパッセンジャーで綺麗にフルブレークすることがいかに難しいか理解したようです。
ケツランスライディングが無難だが毎回それじゃ技術が低いよね。
風が悪ければ仕方ないが、基本パッセンジャーをふんわり足から降ろしてあげるのがパイロットのテクニックだから練習だぞ。

2018.09.03.a.jpg
B級生・パイロットとそこそこのフライヤーさんが来られました。
条件的にはテイクオフ前は周期的に上がり下がりするがちょっと尾根上いけばドカーンと風のぶつかってるところで上昇。

2018.09.03.c.jpg
そして、北へ行けば北風、南へ行けばよくわからん方向から風が入る、多分南風っぽいな。
そして、上空高く上がると南東〜東っぽい感じ。
まあ、いろんなところから周期的に風が入りぶつかってる感じで、1200m程がMAXだったようです。

2018.09.03.b.jpg
午後は少しB級生の方に条件は難しい周期があり、13時頃で講習生のフライトは終了!!
って思ってたら、また微妙にいけそうな感じになった夕方。
照田さんが飛びましたが、まあ飛んだだけって感じでした。
posted by 校長 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月02日

いっぱいっぱいでした

今日は曇り時々晴れな予報。
風は問題なし。

まあ、そんなピーカンじゃないからフライヤーはそんなに来ないかなぁ〜
なんて思っていたら、続々来られるフライヤーさん達。
タンデムのお客さんもタイミングよく来られました。
あー久しぶりにこれは、忙しいパターンかも〜。
涼しくなって、皆さんの動きがよくなったのかね?

2018.09.02.tk.jpg
朝から良い風でスタートした本日。そして、曇りというよりしっかり晴れな感じでした。
上昇気流も穏やかで良い条件、パイロットもB級生も楽しめる感じでした。
B級生は照田さんが1300m上げて高圧まで移動。
パイロットのみなさんは軒並み1300mオーバー続出で移動しまくりでした。

201809.02.mina.jpg
入山ベースで40名のフライヤーが来られ、ゴンドラパスも35枚が全部出動いたしました。
売り切れたの久しぶりですね〜

2018.09.02.sora.jpg
そして、14時頃には雲が多くなり、少し北っぽくなって・・・
15時には風終了となりました。

タンデムのお客様にも沢山来て頂き、楽しんでいただけました。
2018.09.02.tdm1.jpg
2018.09.02.tdm2.jpg
ありがとうございました。


大倉岳講習編


昼から大倉岳へ行きまして、甲斐さん練習いたしました。
2018.09.02.kai.jpg
次は獅子吼を飛ぶ予定です。
posted by 校長 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月31日

市長を訪問してきました

来年、4月24日(水)〜4月29日(月)に獅子吼高原にてパラグライディング日本選手権を開催するにあたり、白山市、白山市長、白山市教育委員会の御協力とご支援を頂く為に、県議会議員 車さん(獅子吼スカイレジャー運営協議会会長)、JHF会長 内田さん、県連会長 太田さんと共に市役所へ行き、市長に直接お願いしてきました。

2018.08.31.sicyou.jpg
前向きな話が色々と出来まして、良かったです。
獅子吼高原エリア活性化と存続には白山市の強力な支援は欠かせません。
そして、エリア会員の方々の協力のもと色々とやっていかなければならないかと思います。

日本選手権するんで、みんな協力お願いします。

そして、スーツが・・・・スーツが・・・・息苦しくて・・・・
なんか、社会参加してる感じが違和感〜。
改めて、俺って自由に生きてるなぁ〜を実感。
でも千田さんにはかないません。
だって、千田さんは3日間関東にいって、ついでにスカイダイビングしてるみたいです。
休みも飛ぶんだ〜
posted by 校長 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月30日

パラグライディングクロスカントリー団体男子アジア競技大会で金メダル

インドネシア・ジャカルタで開催されています、アジア競技大会にて初めて競技種目として採用されているパラグライダー競技。
アキュラシーとクロスカントリーの2種目がありますが、選手の必要なスキルや道具が違うにも関わらず、出場選手は同一メンバーのみのルールとなっており、日本チームは金メダルが狙えるクロスカントリーの選手から選抜しアキュラシーを練習してから大会に挑むことになりました。
アジア競技大会.jpg
(写真はJHF パラグライディング競技委員会FBページより拝借しました。)

アキュラシー競技では、さすがにアキュラシー選手を中心に出場してきている国には勝てず。それでも一時期までは非常に良い成績で検討してましたね。

クロスカントリー競技では、勝算はあったものの初日大きなミスというか不運が重なり、大きく順位を下げたところからスタート。その後選手一丸となっての追い上げで残りの4日間を戦ってました。
男子団体は、見事に優勝し金メダル獲得。
女子は一歩及ばず、銀メダル獲得、結果をメダルで残せた選手やチームに賞賛です。
おめでとうございます。

男子チームには、学生時代に当校でパラグライダーを始めた岩ア拓夫クンがいて中心的選手として活躍してました。
学生時代を思い返すと、ここまでパラグライダーで頑張れるとは思ってませんでしたね。
パイロットまでは獅子吼高原パラグライダースクールで教えましたが、就職して地元に戻ってからは兵庫県のパラグライダースクールで色々学ばせてもらってました。

それにしても、獅子吼高原からでたパイロットが結果を残せる選手となったことは嬉しいです。
国際大会出場じゃなくて金メダル獲得なんがすごいよ。

パラグライダー世界選手権やハングの世界選手権に出場した、獅子吼高原出身者は多くいます。
そう思うと、獅子吼高原パラグライダースクールはこれからも、世界に出る選手を出していきたいですね。
岩アクンの成果がタカのモチベーションのアップにもつながる。

もちろん大人の遊び場としての獅子吼高原パラグライダースクールが基本。
選手育成が目的ではなく、楽しいからの発展で新たに選手が出てきたらええなぁ〜

河合チャン〜西田クン〜
んーそこまで若くないか〜。
あークッキー!!!!金澤クン!!!!若手といえばそのあたりか!

posted by 校長 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記